消費者金融アコムの特徴と審査

アコムの商品概要

たくさんの消費者金融から利用する先を選ぶ場合、まず「商品概要説明書」を確認するようにしましょう。「商品概要説明書」とはその名の通り、取扱商品についての概要が整理されている文章のことです。消費者金融をはじめとする金融機関は「商品概要説明書」を店頭などに備えつけることが、法律上定められています。またホームページなどにも掲載されており、どの商品を選択すればいいのか、ひとつの判断材料とすることができます。

逆にいえば「商品概要説明書」が備え付けられていない金融業者は「違法業者」ということになります。このような金融業者には決して関係を持たないように注意しなけれればいけません。

 

アコムの商品概要

アコムの主力商品である「キャッシング専用アコムカード」の商品概要を見てみましょう。

 

借入限度額 最高800万円 消費者金融の借入限度額は「500万円」が標準といわれています。これに比較するとアコムの借入限度額が高額であることがわかるでしょう。

ただしアコムは「総量規制」の対象となります。最高限度額800万円を利用したい場合、必要年収はその3倍の2,400万円以上となります。

貸付利率 実質年利3.00%~18.00% 金利については消費者金融の標準的な水準といえます。

もっとも初回の利用時には最下限金利「3.00%」が適用されることはまずありません。ほとんどのケースで上限金利「18.00%」に近い金利設定となります。

遅延損害金 実質年利20.00% 延滞金利は法律で定めることのできる最上限金利となっています。日割りで発生し、わずかな遅れでも大きな負担となります。

返済が遅れることで様々なメナルティーも課せられますので、きちんとした返済計画を立てたうえで利用するようにしましょう。

返済日 1回の支払につき35日以内または毎月支払 前者の場合には、毎月返済日が異なってくることになりますので注意しましょう。
返済方式 定率リボルビング方式 借入金額に対して一定の割合を掛けた金額が毎月(毎回)の返済額になります。
貸付対象者 20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、審査基準を満たす方 利用には審査に合格することが必要です。

アコムの審査は比較的合格しやすいといわれていますが、やはりポイントとなるのは「安定した収入と、申込金額に応じた返済能力」という点でしょう。

担保連帯保証人 不要 借入に際し担保や連帯保証人を準備する必要はありません。

逆にいえば担保や連帯保証人を頼りとした利用はできないということです。あくまで利用者本人の収入による返済能力が問われることになります。

資金使途 自由 ただし個人ローンですので、法人や個人事業主の事業資金には利用できません。

また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。万が一資金使途違反が発覚すると、即座に一括返済を請求されることになります。

また返済不能となった場合、免責事由に接触する危険もありますので注意しましょう。