消費者金融アコムの特徴と審査

消費者金融アコムの特徴と審査

「急にまとまったお金が必要になった!!」
誰でもこのような経験をされるのではないでしょうか。

長い人生の中では何が起こるかわかりません。
手元にまとまったお金が無い場合には、どうにかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

早急にお金を借りなければいけない場合には、消費者金融による借入がおすすめです。

 

街中の消費者金融のほとんどが「即日融資」に対応しています。文字通り「申込を行ったその日に融資を受ける」ことができますので、素早い借入にも十分対応することができます。手続きも比較的簡単で、思った以上に簡単にまとまった借入を利用することができるでしょう。

ただし消費者金融の利用に抵抗感を覚える方も少なくないのではないでしょうか。

image

「過酷な取り立て」
「強引な勧誘」
「高い金利」

このような悪いイメージを消費者金融に持たれている方も多いでしょう。

 

消費者金融を利用する場合には、よく名の知られているメージャーな先を選ぶと安心です。テレビCMなどでも放映されている大手消費者金融であれば、安心して利用することができるというものです。よく名の知られていない、よくわからない消費者金融に手を出すよりかは、知名度の高い大手先をピックアップして利用するようにしましょう。

 

大手消費者金融の中でもとくに人気の高いのが「アコム」です。「はじめてのアコム」のフレーズで有名で、その名の通りはじめて消費者金融を利用する方でも安心して借入を利用することができます。三菱UFJフィナンシャルグループ、つまり日本を代表するメガバンクの一角を占める三菱東京UFJ銀行のグループに属している「アコム」は、日本を代表する消費者金融ともいえるのです。

アコムがおすすめの理由とは?

「選ばれるのには理由がある」

数ある消費者金融の中でも、なぜアコムが選ばれるのでしょうか。
まずはアコムの人気の秘密を探ってみましょう。

 

審査スピードが速いアコムの審査スピードは最短で30分となっています。

少しでも早く借入をしたいという方には最適な条件です。ホームページから必要項目を入力して手続きを進めると、最短で30分で審査結果が回答されます。審査完了後、運転免許証などの本人確認書類を平日の14時までにFAX送信し、アコムがそれを確認できれば、最短で1時間程度で融資を受けることができます。

この場合振込融資を利用することで、カードを受け取る前に融資を受けることも可能です。また店頭や無人契約機(むじんくん)でカードを受け取り、コンビニなどの提携ATMを利用することでほぼ24時間借入を利用することが可能になります。

 

来店不要で手続き完結インターネットを利用した申込で、契約から借入まですべての手続を完結することができます。

わざわざ店頭やむじんくんに訪問することなく、すべての手続きを自宅に居ながら完了することも可能です。誰でも借りることができるアコムの利用条件は「一定額の収入がある方」です。

 

正社員だけでなく、パートやアルバイトの方でも利用することができます。

雇用形態にかかわらず、しっかりと働いており、一定の収入があることが認められれば、性別や職業を問わずその収入に見合った金額の融資を受けることが可能です。

 

国際決済可能なMASTERブランド付きカードも即日発行可能キャッシングではなく、クレジットカードを利用されたいという方も多いのではないでしょうか。

アコムでは国内外のショッピングやインターネットショッピングなどの決済に利用可能なMASTERブランドが付加したカードも即日発行が可能です。すぐにクレジットカードが必要な方は、アコムのMASTERブランド付きカードを申込むことで、当日利用可能となります。

 

無人契約機数が業界最多数を誇るアコムの無人契約機「むじんくん」の設置数は全国で1,000店以上、業界最大数の規模を誇ります。

よく街中や主要幹線道路沿いに赤い看板を掲げた「むじんくん」を見かけることがあるのはないでしょうか。むじんくんを利用することで、例えば旅行先や出張先の急な出費などにも対応することができます。また全国に6万台近く設置されてあるアコムATM数も業界最大規模で、24時間年中無休、手数料無料で利用することができます。

提携先数も豊富で、ほぼ全国を網羅しており、利便性では最高水準といえるでしょう。

 

アコムの審査について

 

このような便利な特徴から人気の高いアコムですが、当然ながら審査に合格しなければ利用することはできません。消費者金融の審査基準は一般的には公表されず、審査基準の正確な内容を知ることはできません。

ただし申込記載内容を考えると「大体は、このような部分で判断している」という推測は十分可能です。
そこでアコムの審査ではどのような部分を判断材料としているのかを考えてみましょう。

 

①一番のポイントは年収

年収は申込者の経済能力、返済能力を判断する要となる項目です。年収が高ければ必ず審査に合格できる、年収が低ければ不合格となる、というものではありませんが、年収が審査の最大のポイントであることは間違いないでしょう。

アコムでは比較的低年収の方でも、審査に合格できる可能性が高いといわれています。その他の審査項目にもよりますが、一定の安定した年収が認められれば審査にも合格できる可能性は十分あります。あまり高額な融資は難しいでしょうが、パートやアルバイトの方でも十分審査に合格することができるでしょう。

 

②他社の借入状況

次にポイントとなるのは「他社の借入状況」です。収入自体が多くても他社でたくさんの借入を利用していると、その分返済能力が少なくなるのは当然でしょう。とくにアコムは「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1以上の借入はできないことになっています。

また借入金額に関わらず、借入件数が「5件」以上あるとアコムの審査はまず合格できないといわれています。少額融資をたくさん利用しているということは、信用力が低いため一度にたくさん借入することができないと判断されるためです。

 

③個人信用情報

他社の借入金額や借入件数は、申込時の本人申告以外に「個人信用情報」で確認を行います。そのため申込時に他社借入状況を少なく申告しても、確実に嘘がばれてしまいますので注意しましょう。

アコムに限らず金融機関では、申込を受付すると必ず個人信用情報の確認が行われます。個人信用情報では、他社の借入状況の他にも過去の金融事故の実績などが記録されています。

  • 長期延滞(概ね2~3ヶ月以上の延滞)
  • 債務整理
  • 強制解約
  • 代位弁済

このような情報は5~10年間は個人信用情報に記録されています。この間は金融機関のローンはおろか、クレジットカードの新規申込もまず不可能になります。

ちなみにアコムは「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「日本情報信用機構(JICC)」という2つの個人信用情報機関に加盟しています。日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」と合わせて3つの信用情報機関があります。この3つは一定の情報を共有するシステムを使用しています。

つまり「KSC」の情報がアコムの審査にも影響を与える可能性も十分考えられるということになります。

 

④その他の情報は?

「年収」「他社の借入」「個人信用情報」の3つは重要ポイントとなります。それでは申込時に記入・入力する他の情報は審査に影響を与えるのでしょうか。

実は、申込内容の中には実際の審査にはあまり影響しない項目もあります。

    • 居住形態(持家・賃貸・マンション・一軒家など)
    • 居住年数
    • 家族構成

これらの項目は、その他の項目(とくに上記のポイント3項目)に問題なければ、審査の合否には直接影響はないと考えてもいいでしょう。