消費者金融アコムの特徴と審査

アコムの金利について

カードローンを利用する場合、一番気になるのが「金利」でしょう。カードローンは基本的に「無担保・無保証」の個人ローンです。また借りたお金の使い道「資金使途」が自由なローンでもあります。そのため「有担保・有保証・資金使途特定」のローンに比較すると、どうしても金利が高めに設定されています。

 

ただしカードローンの自由度は非常に魅力です。1枚保有していると、いざという場合の保険の意味合いも含めて安心できるというものです。カードローンを利用する際には、商品の金利の仕組みを理解するとともに、多くの商品を比較・検討するようにしましょう。

 

アコムの金利について

アコムの適用金利は「実質年利3.00%~18.00%」となっています。適用される金利は申込後の審査により決定されますが、はじめての利用者に対してはほとんどのケースが最上限金利である「18.00%」に近い金利設定となるでしょう。初回利用者に対してはあまり高額融資が決定されることもありませんので、金利を含めた返済計画を立案する場合には「18.00%」をもとに計算するようにしましょう。

 

なおアコムの金利は契約限度額により異なっています。

契約限度額500万円超800万円以下 実質年利3.00%~4.70%
契約限度額300万円超500万円以下 実質年利4.70%~7.70%
契約限度額100万円超300万円以下 実質年利7.70%~15.00%
契約限度額100万円未満 質年利7.70%~18.00%

 

先ほども述べたように初回の利用時には、あまり高額融資は期待できません。利用実績を積み重ねていくことで、契約限度額の増額とあわせて適用金利の引き下げが行われるケースが多くなっています。

 

他社との比較

銀行カードローン
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 実質年利1.89%~7.99%
みずほ銀行カードローン 実質年利3.50%~14.00%
三菱東京UFJ銀行カードローン 実質年利1.80%~14.60%

 

消費者金融カードローン
オリックスVIPローンカード 実質年利3.00%~16.80%
プロミス 実質年利4.50%~17.8%

 

 

一般的に「銀行カードローンは金利が低い」「消費者金融カードローンは金利が高い」といわれています。アコムの適用金利「実質年利3.00%~18.00%」と比較してみると、やはり全体的に銀行カードローンとの金利の差が目立ちます。最上限金利の差を「3.00%」とした場合、例えば50万円を3年で返済すると、最終の返済総額には26,000円以上の差が出てしまいます。やはり金利面で見ると銀行カードローンに一日の長があるといえるでしょう。

 

ちなみにアコムの遅延損害金(延滞利率)は「20.00%」です。法律上定めることのできる最上限金利となっており、日割りで発生しますので、わずかな遅れが大きな負担となってしまいます。返済を遅れることで様々なペナルティも発生しますので、アコムに限らずカードローンを利用する前には念密な返済計画を立てるようにしましょう。