消費者金融アコムの特徴と審査

アコムの必要書類について

金融機関でお金を借りる場合には、必要書類を準備しなければいけません。要求される必要書類を確実かつすみやかに準備することが大切です。とはいっても消費者金融の場合、それほど複雑な書類は必要ありません。

 

アコムにおいても、通常、必要書類は以下の2点ですので、それほど準備に手間取ることはないでしょう。

 

本人確認書類

本人確認書類としては「運転免許証」を準備しましょう。「運転免許証」の交付を受けていない方は「個人番号カード」や「健康保険証」などを準備します。

顔写真が無い書類、書類の住所が申込時点の居住住所と異なる場合、現住所が確認できる以下の書類が必要となります。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話は不可)、NHK)
  • 納税証明書

いずれも発行日または領収日から6ヶ月以内のものに限りますので注意しましょう。外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせて準備しましょう。

書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地を隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にしておきましょう。

 

収入証明書

以下に該当する場合、収入証明書が必要となります。

  • 借入希望金額と他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • 借入希望金額が50万円を超える場合

ただしこの条件以下の借入希望でも審査の過程で収入証明書が要求されることもあります。いざという場合に慌てないように、できれば事前に整えておくようにしましょう。

 

収入証明書には、以下のようなものがあります。

 

源泉徴収票

勤務先から交付される収入証明書、最新のものを準備しましょう。

給与明細書

勤務先から交付される収入証明書。

直近1ヶ月分(「住民税(地方税)」の記載がない場合は直近2ヵ月分)を準備しましょう。

賞与明細書がある場合には、直近1年分も合わせて提出しましょう。

市民税。県民税額決定通知書

勤務先もしくは市区町村役場で交付される収入証明書。

交付を受けた最新年度のものを準備しましょう。

1月~6月の期間で最新年度のものが交付されていない場合は、前年度のものでも有効となります。

所得証明書

市区町村役場または税務署で交付を受ける収入証明書。

最新年度のものを準備しましょう。